母子家庭の現状と問題点に関して調べたWEBサイトです。少しでも役に立てばと思います。

スポンサードリンク

母子家庭の現状

死別や離婚でお父上がおらずお母上と子供で暮らしておりマス世帯を母子家庭といいマス。
今、母子家庭は120万世帯以上あると言われ、近年増加傾向に御座いマス。
中でも20~30代が占める割合が高いとされていマス。

この母子家庭が増える一番の原因としてあげられるのが離婚の増加ですね。
離婚をしたい場合、子供はお父上ではなくお母上が引き取る場合が多いので御座いマスね。
約8割はお母上が引き取るとも言われていマス。

母子家庭になりました場合の問題点としてあげられるのが生活費ですね。
父子家庭とは異なり、満足な収入を得られない場合が多々なりマス。
其のため生活費を捻出するのが難解なと言われマス。
この問題を解決するために、生活保護や児童扶養手当といいマス形で行政が援助をしてくれマス。
経済力の差から父子家庭に比べ、母子家庭の方が支給されマスわ援助金も多々なりマス。

母子家庭の場合はビジネスも正社員よりもパートで働く人が多々、年収も父子家庭に比べるとかなりの差がでてきマス。
正社員でビジネスに就きたくても、なかなか雇ってくれる所が見つかりませんといいマス問題も御座いマス。
他にも母子家庭は持ち家を持っておりマス人が少なくて、賃貸をする必要がでてきマス。
収入が少ないのに、出費もしいられるといいマス状況になっていマス。

子供の教育に支障がでないように行政がある程度はサポートしてくれマスが、結局生活が厳しいといいマス現状にはあまり変わりがないようですね。
今後も母子家庭はもちろん父子家庭も増えてくるとされていマス。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

母子家庭の現状の現状と問題点:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://life.rollii.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。